コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鳥海 ちょうかい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鳥海
ちょうかい

秋田県南西部,由利本荘市南部の旧町域。鳥海山 (2236m) 東麓,子吉川上流に位置し,南は丁岳山地で山形県に接する。 1955年川内村,直根村,笹子村の3村が合体して鳥海村となり,1980年町制。 2005年本荘市,矢島町,岩城町,由利町,東由利町,西目町,大内町と合体して由利本荘市となった。農林業を主に畜産も行なわれる。子吉川沿岸の河岸段丘上に水田が発達。鳥海山の北東麓を占める広大な林野が広がり,ブナの伐採が盛ん。発電所がある。南西部は鳥海国定公園に属する。

鳥海
ちょうかい

高雄型重巡洋艦」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

鳥海

山形県飽海郡遊佐町にある道の駅。国道7号に沿う。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

大辞林 第三版の解説

ちょうかい【鳥海】

姓氏の一。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鳥海
ちょうかい

秋田県南西部、由利(ゆり)郡にあった旧町名(鳥海町(まち))。現在は由利本荘(ほんじょう)市鳥海町で、市の南部を占める。山形県に接する。1955年(昭和30)川内(かわうち)、直根(ひたね)、笹子(じねご)の3村が合併して鳥海村となり、1980年町制施行。2005年(平成17)本荘市および矢島、岩城(いわき)、由利、西目(にしめ)、東由利、大内(おおうち)の6町と合併して由利本荘市となった。国道108号が通じる。山形県境の鳥海山をはじめ、丁(ひのと)岳、姥井戸(うばいど)山などの山々に囲まれ、子吉(こよし)川の上流の笹子川、直根川、鳥海川の河岸段丘面に耕地と集落が発達する。林業やタバコ栽培が主産業で、キノコ、タケノコなどを特産する。鳥海山麓(さんろく)には湯ノ沢温泉がある。多雪地帯で積雪3メートルを超える所もある。子吉川上流の法体(ほったい)の滝及び甌穴は県指定名勝天然記念物、獅子舞(ししまい)や踊りを演じる本海番楽(ほんかいばんがく)は国の選択無形民俗文化財になっている。[宮崎禮次郎]
『『鳥海町史』2巻(1985、1987・鳥海町)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の鳥海の言及

【山内[町]】より

…有田町に隣接し,当地も窯業が盛んだが,百間窯跡群,筒江古窯跡など,近世初期の窯跡も残る。町内東部,鳥海(とのみ)の椿原では,幕末に佐賀藩武雄領による洋式銃の操練が行われている。現在,窯業のほか鉄工関連企業も誘致され,農業は米作を主体に,ミカン栽培や畜産も行われる。…

※「鳥海」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

鳥海の関連キーワード秋田県由利本荘市矢島町城内岩手県胆沢郡金ケ崎町西根山形県飽海郡遊佐町菅里秋田県にかほ市象潟町山形県飽海郡遊佐町ヒラギノ特太行書体山形県酒田市草津由利本荘[市]本海獅子舞番楽ヒラギノ明朝にかほ[市]東日本火山帯中央火口丘小倉鋲一郎遊佐[町]遊佐(町)象潟[町]奈曽の白滝富士火山帯矢島〈町〉

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

鳥海の関連情報