コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラントウ油田 ラントウゆでんRantau oil field

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラントウ油田
ラントウゆでん
Rantau oil field

インドネシアのスマトラ島北部に位置する油田。1929年にバタビヤ石油 BPM(→プルタミナ)により発見された。第2次世界大戦中は日本軍が占領。インドネシア独立後の 1960~74年,日本の北スマトラ石油開発協力がプルタミナに協力し油田の復旧・再開発にあたった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ラントウ油田の関連キーワードアチェ州ランサ

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android