ラントウ油田(読み)ラントウゆでん(英語表記)Rantau oil field

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラントウ油田
ラントウゆでん
Rantau oil field

インドネシアのスマトラ島北部に位置する油田。1929年にバタビヤ石油 BPM(→プルタミナ)により発見された。第2次世界大戦中は日本軍が占領。インドネシア独立後の 1960~74年,日本の北スマトラ石油開発協力がプルタミナに協力し油田の復旧・再開発にあたった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アースデイ

地球のことを考えて行動する日。1970年、アメリカのG・ネルソン上院議員によって提唱された。毎年4月22日がその日とされており、世界中で環境イベントが開催されている。 アースデイが誕生したきっかけは、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android