コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ランドスケープ大理石 ランドスケープだいりせき landscape marble

1件 の用語解説(ランドスケープ大理石の意味・用語解説を検索)

岩石学辞典の解説

ランドスケープ大理石

英国南西部で,三畳紀からジュラ紀にかけて形成されたレート階(Rhaetic)の石灰岩に産出する粘土質石灰岩に対して用いられる[Beaumont : 1676].樹枝状の模様が特徴で,上昇する泡による説[Owen : 1754],または藻類による説[Hamilton : 1961]などの成因が考えられている.森林大理石(forest marble)と同義.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ランドスケープ大理石の関連キーワードエクセター三畳紀ジュラ紀ペーズリー海蕾魚竜ジュラ系リーベ三畳系ドッガー

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone