コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ランバダ

2件 の用語解説(ランバダの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

ランバダ

フランスで結成されたセネガル人・フランス人ブラジル人によるポップ・グループ、カオマの曲。1989年発表。原曲はボリビアのフォルクローレ・グループ、ロス・カルカスの「泣きながら(Llorando se fue)」(1981年)。ランバダは南米発祥のダンスで、カオマのカバーバージョンのヒットにより、世界的に知られるものとなった。日本では石井明美がカバー(1990年)。原題《Lambada (Chorando Se Foi)》。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ランバダ【lambada】

ブラジルの港町ベレンで生まれたとされるダンスおよびダンス-ミュージック。リズミカルな音楽と、身体を密着させたセクシーでエネルギッシュな踊りを特徴とする。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ランバダの関連キーワードセネガルフランス領西アフリカフラングレフランス窓フランス刺繍フランスデモラ・フランスフランス・デパート殺人事件ラスクフランスヴィ・ド・フランス

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ランバダの関連情報