コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

だんす だんす

大辞林 第三版の解説

だんす

( 動サ特活 )
〔「ざんす」の転か。江戸の遊里語〕
形容詞の連用形(音便の形)、形容動詞型活用の連用形「で」に付き、補助動詞として用いる。補助動詞「ある」の丁寧語。であります。でございます。 「そんならわたくしがにくう-・せうね/洒落本・白狐通」 「ねぶつたさうな眼めめで-・す/洒落本・契情買心得」 〔活用は動詞「ざんす」(サ行特別活用)に同じ〕 → ざんす(動サ特活)

だんす

( 助動 )
〔「ざんす」の転か。江戸の遊里語。活用は助動詞「ざんす」に同じ〕
体言およびそれに準ずる語に付く。「だ」の意の丁寧語。です。でございます。 「なんだんす。はやくおきかせなんし/洒落本・傾城買二筋道」 「いぢがきたねえからいいきびだんす/洒落本・傾城買談客物語」 → ざんす(助動)

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

だんすの関連キーワードアーサー コーピット利休箪笥・利休簞笥だんご(団子)福島県二本松市ナルニア国物語埼玉県川越市春日部(市)悋気の火の玉トールボーイセクレテールワードローブ広島県府中市加茂(市)洋服だんす化粧だんすベビー箪笥結城(市)ドレッサー須田賢司チェスト

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

だんすの関連情報