コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ランバート氷河 ランバートひょうがLambert Glacier

1件 の用語解説(ランバート氷河の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ランバート氷河
ランバートひょうが
Lambert Glacier

南極大陸,南緯 72°,東経 68°付近でアメリー棚氷に注ぐ氷河。出口の幅 100km,長さは少くとも 500kmに達し,影響地域は 1000km2にも及ぶといわれる世界最大の谷氷河で,アメリー棚氷を涵養している。上流にはフィッシャー氷河,メラー氷河があり,これらを合せている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone