コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ランプン族 ランプンぞくLampung

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ランプン族
ランプンぞく
Lampung

インドネシア,スマトラ島最南部に居住する民族の総称。スマトラの先住民アブン族,アブン族とジャワ族移民の混血プビアン,ミナンカバウ族移民の子孫パミンギーから成る。総人口約 66万 (1980年代) 。焼畑耕作による陸稲とコショウ栽培が主生業で,アブン族は漁労も行う。アブン族とプビアンの社会の基本単位は父系単系出自集団である。イスラム教を受容したが,表面的な信仰にとどまり,かつては首狩り,奴隷の供犠などの儀礼が行われていたといわれる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

塞翁が馬

《「淮南子(えなんじ)」人間訓から》人生の禍福は転々として予測できないことのたとえ。「人間万事塞翁が馬」[補説]昔、中国の北辺の塞(とりで)のそばに住んでいた老人の馬が胡(こ)の地に逃げたが、数か月後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android