コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ランベルト平行円錐投影 Lambert con‐formal conic mapping

1件 の用語解説(ランベルト平行円錐投影の意味・用語解説を検索)

法則の辞典の解説

ランベルト平行円錐投影【Lambert con‐formal conic mapping】

地図作製用の円錐投影方式の一つ.地球表面上に適当な距離をおいて2本の平行圏を選び,これを基準としてその長さと子午線の長さを球状のものと等しくして描いたもの.緯度線は同心円となり子午線は円錐の頂上から放射線状に出る直線となる.

出典|朝倉書店
法則の辞典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone