ランリム(狼林)山脈(読み)ランリムさんみゃく(英語表記)Rangrim sanchulgi

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

北朝鮮の北部中央にある南北方向の山脈。アムロク (鴨緑) 江にのぞむチャガン (慈江) 道のチュンガン (中江) 郡から約 400kmにわたって連なり,カンウォン (江原) 道でクミャ湾 (旧称永興湾) に没する。平均標高は 1500m前後で,ワガル (臥碣) 峰 (2262m) ,ランリム山 (2184m) などの高峰がある。東はケマ (蓋馬) 高原に続くが,西はカンナム (江南) 山脈,チョギュリョン (狄踰嶺) 山脈,ミョヒャン (妙香) 山脈などの支脈が分れ,一般に傾斜は急である。テドン (大同) 江,チョンチョン (清川) 江が源を発する。クアンソ (関西) 地方とクアンブク (関北) 地方を分けており,アドンリョン (牙得嶺) 峠などの交通路が開かれている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

市中感染

病院内で体内に摂取された微生物によって引き起こされる感染症である「院内感染」と対をなす言葉で、病院外で摂取された微生物によって発症した感染症を指す用語。社会生活をしている健康人に起こる感染症で、多くは...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android