中江(読み)ちゅうこう

日本大百科全書(ニッポニカ)「中江」の解説

中江
ちゅうこう / チュンカン

朝鮮慈江道北端の中江郡にある邑(ゆう)(町)。郡の所在地。鴨緑江(おうりょくこう)上流の氾濫(はんらん)原に発達した邑で、木材を運搬する(いかだ)の係留地。原木の伐採、製材業も行われている。北朝鮮の最寒地で零下43.6℃(1933)の記録がある。月平均気温は1月零下20.5℃、7月22.6℃。中江の10キロメートル東方上流には玄武岩のテーブル状の地形であるメサがあり、烏首徳(うしゅとく)と対岸の中国側には噴出岩の大河食崖(がい)である葛田(かつでん)峡がある。

[魚 塘]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

百科事典マイペディア「中江」の解説

中江【ちゅうこう】

朝鮮民主主義人民共和国慈江道の最北端にある町。旧名中江鎮。中江川と鴨緑江の合流点付近に位置し,中国側の臨江に対する。鴨緑江の筏(いかだ)流しの中心地である。朝鮮の最寒地で,−43.6℃の記録(1933年)がある。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

精選版 日本国語大辞典「中江」の解説

なかえ【中江】

姓氏の一つ。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

レベルE

冨樫義博による漫画作品。SFオカルト・ファンタジー。『週刊少年ジャンプ』にて1995年から1997年まで連載。ジャンプコミックス全3巻。2011年にはテレビアニメ化された。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android