コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラヴェル:古風なメヌエット/piano solo Menuet antique

ピティナ・ピアノ曲事典(作品)の解説

ラヴェル:古風なメヌエット/piano solo

この『古風なるメヌエット』はラヴェルがまだパリ音楽院の学生だった1895年に作曲された、初期の作品である。タイトル通り、中間部にトリオの部分を置いた、古風なメヌエットの形式をそのまま用いている。メロデ ...続き

出典|(社)全日本ピアノ指導者協会ピティナ・ピアノ曲事典(作品)について | 情報

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android