コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トリオ trio

翻訳|trio

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トリオ
trio

三重奏あるいは三重唱。3声部によって構成される楽曲ないしその演奏形態をさすが,演奏媒体の組合せ,またこの言葉の使用範囲はきわめて多岐にわたる。楽器編成としての三重奏を意味する以外にも,メヌエットスケルツォ,また行進曲などの中間部もトリオと呼ばれる。それはかつてバロック組曲のなかでメヌエットが3声部書法をもつ第2メヌエットを伴っていたことに発している。第2メヌエットは,のちにトリオと題されるようになり,古典派ではメヌエット-トリオ-メヌエットという型が特にソナタの第3楽章におかれた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

トリオ(〈イタリア〉trio)


㋐三重奏。三重唱。
スケルツォメヌエットなど三部形式の楽曲の中間部。
三人組。三つ組。「トリオを組む」「クリーンナップトリオ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

トリオ

音楽用語。(1)三重奏,三重唱。ピアノ・トリオといえば,ピアノ,バイオリン,チェロの組み合わせの楽曲,あるいはその演奏団体のこと。モーツァルトの《ディベルティメント変ホ長調(K.563)》(バイオリン,ビオラ,チェロ)やブラームスの《ホルン三重奏曲》(ホルン,バイオリン,ピアノ)のような編成もある。
→関連項目室内楽

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

トリオ【trio】

三人が一組になっていること。三人組。 「クリーンナップ--」 「 -漫才」
三重奏。三重唱。
メヌエットやスケルツォの中間部。
三声部で書かれた楽曲。トリオ-ソナタ・オーケストラ-トリオなど。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

トリオ
とりお
trio

西洋音楽における合奏、合唱の概念の一つ。本来は3人で奏せられる、あるいは歌われる音楽のこと。三重奏とか三重唱と訳されることもある。狭義には前者をさすが、そのなかには18世紀中ごろ以後、とりわけ好まれたいくつかの編成があった。ピアノ、バイオリン、チェロからなるピアノ三重奏(トリオ)、バイオリン、ビオラ、チェロからなる弦楽三重奏が代表的なものだが、三つの楽器の結び付き方にはその他多くの可能性がある。バロック時代には、二つの旋律楽器(バイオリンやオーボエなど)と通奏低音という三声部からなる楽曲がとくに好まれ、トリオ・ソナタとよばれていた。またメヌエットなどの楽曲は、二つのメヌエットが連続して、最後にもう一度最初のメヌエットが回帰するという形をよくとっていたが、真ん中に挟まれた第二メヌエットはしばしば三声部で書かれていたために、やがてトリオとよばれるようになる。それがさらに転じて、マーチやスケルツォなどの中間部を、特別な意味なくトリオと称する習慣も生まれた。[大崎滋生]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

トリオの関連キーワードシダー・アンソニー(Jr.) ウォルトンカルテット [quartet]ベルンハルト シューラーウェイ・アウト・ウエストステファン エーミッヒデビット ウイリアムスオリバー ジャクソンバーネル フォーニエマティアス ノヴァクパトリオットミサイルトリオ [trio]メナヘム プレスラークリーンナップトリオレッド ミッチェルジャングルポケットジョン コリアンニロンネル ブライトパレ ダニエルソンベリル ブッカーカザルス三重奏団

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

トリオの関連情報