コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラーレンツ Karl Larenz

世界大百科事典 第2版の解説

ラーレンツ【Karl Larenz】

1903‐1993
ドイツの民法学者,法哲学者。1926年に法学博士となり,29年教授資格取得後,33年キール大学教授,60年ミュンヘン大学教授となった。その後は同大学の名誉教授。ラーレンツはヘーゲルの法哲学研究からその研究活動を始め,《ヘーゲルの帰責理論と客観的帰責概念》(1927),《法的妥当の問題》(1929)をへて《現代の法哲学と国家哲学》(1931,2版は35)を発表し,のちに,いわゆるキール学派を代表する法理論を形成した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

ラーレンツの関連キーワードスティーブン スピルバーグ怪獣斎藤史日露戦争史(年表)ラムサール条約北村太郎南アフリカ共和国日本のラムサール条約登録湿地ドビュッシーデミレル

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android