コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リウパンシャン(六盤山)山脈 リウパンシャンさんみゃくLiupan shan

1件 の用語解説(リウパンシャン(六盤山)山脈の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

リウパンシャン(六盤山)山脈
リウパンシャンさんみゃく
Liupan shan

中国北部,ニンシヤ (寧夏) ホイ (回) 族自治区南端からカンスー (甘粛) 省,シェンシー (陜西) 省にまたがる南北方向の山脈。ホワントー (黄土) 高原上にそびえる。長さ約 240km,幅 30~60km。平均標高は 2200mで,最高峰のミーカン (米缸) 山は 2942m。マツ類,シラカバ,ブナ類などが生育し,黄土の裸出した周辺の高原と著しい対照をなす。かつてはシーアン (西安) からランチョウ (蘭州) を経て中央アジアへ通じる官道が横断していたこともあり,現在はシーラン (西蘭) 道路が通る。毛沢東の率いる紅軍が 1935年長征の途上,蒋介石軍の封鎖線を破ってこの山脈を越え,シェンシー省北部に達したことで知られる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone