途上(読み)とじょう

精選版 日本国語大辞典「途上」の解説

と‐じょう ‥ジャウ【途上】

[1] 〘名〙
① 道のうえ。路上。みちなか。
※浮雲(1887‐89)〈二葉亭四迷〉一「途上人影の稀れに成った頃」
② 目的の場所へ行く途中。歩行中。
※山陽詩鈔(1833)四「途上望諸山三首」
※東西南北(1896)〈与謝野鉄幹〉「花見に行きて、途上雨にあふ」
③ 進歩、変化などが中途であること。
※芸術運動に於ける前衛性と大衆性(1929)〈勝本清一郎〉「確立運動が発展の途上に於いて獲得し、供給してくれる半ば新しい芸術条件」
[2] 短編小説。嘉村礒多作。昭和七年(一九三二)発表。作者の代表作で、中学入学時からの初恋や、その後を自伝的に描く。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「途上」の解説

と‐じょう〔‐ジヤウ〕【途上】

目的地に行く途中。「帰宅の途上に雨にあう」
事業・計画などが目的に従って進行している途中。「発展の途上にある」
[補説]書名別項。→途上

とじょう【途上】[書名]

嘉村礒多短編小説。昭和7年(1932)2月、「中央公論」誌に発表。著者は本作により文壇での地位を確立するが、翌年結核性腹膜炎のため死去

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ケッペンの気候区分

ケッペンが1918年に考案した世界の気候区分法。植物分布に注目し、熱帯気候(符合A)・乾燥気候(B)・温帯気候(C)・冷帯気候(D)・寒帯気候(E)に区分した。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android