コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

途上 トジョウ

デジタル大辞泉の解説

と‐じょう〔‐ジヤウ〕【途上】

目的地に行く途中。「帰宅の途上に雨にあう」
事業・計画などが目的に従って進行している途中。「発展の途上にある」
[補説]書名別項。→途上

とじょう【途上】[書名]

嘉村礒多の短編小説。昭和7年(1932)2月、「中央公論」誌に発表。著者は本作により文壇での地位を確立するが、翌年、結核性腹膜炎のため死去。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

とじょう【途上】

目的の場所に行く途中。中途。 「上京する-」
事柄の進行中。最中。 「建設の-にある」 「発展-」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

途上の関連情報