コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リピエーノ リピエーノ ripieno

翻訳|ripieno

2件 の用語解説(リピエーノの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

リピエーノ
リピエーノ
ripieno

音楽用語。バロック時代のコンチェルト・グロッソで,独奏群に対して合奏群をこう呼んだ。現在でも首席奏者に対する他のアンサンブルメンバーオーケストラ弦楽器奏者のことをリピエーノ奏者と呼ぶ場合がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

リピエーノ(〈イタリア〉ripieno)

《満たす、補充するなどの意》協奏曲合奏協奏曲のオーケストラ声部または奏者の意。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

リピエーノの関連キーワードコンチェルトコンチェルト・グロッソコンチェルトグロッソコンチェルト・イタリアーノコンチェルト・ケルンコンチェルト・バロッココンチェルト・ヴォカーレターフェルムジーク・バロック管弦楽団ボストン・バロック無限コンチェルト

今日のキーワード

ワールド・ベースボール・クラシック

メジャーリーグ機構、メジャーリーグ選手会が音頭をとってスタートした野球の世界一決定戦。2006年の第1回は16カ国が参加。4組に分かれて1次リーグを行い、各上位2カ国が米国に移って2リーグの2次予選、...

続きを読む

コトバンク for iPhone