奏者(読み)そうしゃ

精選版 日本国語大辞典「奏者」の解説

そう‐しゃ【奏者】

〘名〙
① 天皇、上皇に事を奏上する人。また、奏上の取次をする人。
※国基集(1102頃)「おほやけに申す事侍りしに申文にそへて奏者の御もとに」
※源平盛衰記(14C前)一八「或時院御所法住寺殿に参りて、御奉加の由言上す。御遊の折節なるに依て、奏者(ソウシャ)此由を申入れず」
② 将軍家・諸大名家・大寺院などで、諸事を主人に取次ぐ役職。また、その人。奏者役。
※春日社記録‐中臣祐賢記・文永二年(1265)八月二一日「奏者出雲都維那観乗」
謡曲・正尊(1541頃)「昨日路次より歓楽にて候ふほどに、誰がござありたりともお奏者な申しそとのことにて候」
③ (━する) 主人に取次をすること。
※成簣堂本論語抄(1475頃)公冶長第五「赤がきょうそくたうて、朝廷にあって、客人と物の云、そうしゃしつべしと云」
※咄本・醒睡笑(1628)三「始めて奉公に出でつる侍のありしが、奏者する人に御名字はと問はれ、磯貝と答ふ」
※安井夫人(1914)〈森鴎外〉「其次の年に藩主が奏者(ソウシャ)になられて」
⑤ 楽器を演奏する人。
※わらんべ草(1660)三「笛吹あどの事は、そうしゃ方、其外少づつの事、笛の役なり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

百科事典マイペディア「奏者」の解説

奏者【そうしゃ】

室町・安土桃山時代の職名。〈そうじゃ〉ともいう。室町幕府や諸大名が設置し,幕府では正式には申次(もうしつぎ)または申次衆とよばれた。殿中(でんちゅう)に伺候(しこう)してきた諸士の姓名を告げ,謁(えつ)せしめるのが職掌。→奏者番

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル大辞泉「奏者」の解説

そう‐しゃ【奏者】

楽器を演奏する人。「バイオリン奏者
天皇・上皇に奏上する人。また、奏上の取り次ぎをする人。
室町時代以降、武家で、関白将軍に取り次ぎをする役。また、その人。
奏者番」の略。
[類語](1楽士楽師・演奏家・演奏者・弾き手ミュージシャンコンサートマスターバンドマスターピアニストバイオリニストチェリストギタリストドラマー

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版「奏者」の解説

そうじゃ【奏者】

室町・安土桃山時代の職名の一つ。室町幕府や諸大名家に置かれ,幕府の場合正式には申次(もうしつぎ)あるいは申次衆と呼ばれた。数名で結番して,殿中に伺候してきた諸士の姓名を告げ,謁せしめるのがその職掌であり,関係史料として《長禄二年以来申次記》や《殿中申次記》などがある。織田家や豊臣家の職制上にも奏者が存在した。奏者番【伊藤 喜良】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android