コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リフト値 Lift

翻訳|Lift

2件 の用語解説(リフト値の意味・用語解説を検索)

DBM用語辞典の解説

リフト値【Lift】

データマイニングの際の相関分析の指標のひとつで、ある関連購買傾向の比率を表す。たとえば、砂糖について卵の関連購買が以下の場合:サポート 20%コンフィデンス 70%リフト値 30.0「全体顧客の20%が砂糖と卵を一緒に購入しており、砂糖購入者の70%が砂糖と卵を一緒に購入している」ということになる。この時のリフト値30.0は、「顧客全体の中で卵をいきなり購入するよりも、砂糖を買って卵を買う確率が30倍大きい」という意味を表している。これは関連購買における傾向を示す倍率なので、決して30倍の卵が売れるというわけではない。*サポート、コンフィデンスもご参照ください。

出典|(株)ジェリコ・コンサルティング
DBM用語辞典について | 情報

流通用語辞典の解説

リフト値【Lift】

データマイニングの際の相関分析の指標のひとつで、ある関連購買傾向の比率を表す。たとえば、砂糖について卵の関連購買が以下の場合:サポート 20%コンフィデンス 70%リフト値 30.0「全体顧客の20%が砂糖と卵を一緒に購入しており、砂糖購入者の70%が砂糖と卵を一緒に購入している」ということになる。この時のリフト値30.0は、「顧客全体の中で卵をいきなり購入するよりも、砂糖を買って卵を買う確率が30倍大きい」という意味を表している。これは関連購買における傾向を示す倍率なので、決して30倍の卵が売れるというわけではない。*サポート、コンフィデンスもご参照ください。

出典|(株)ジェリコ・コンサルティング
流通用語辞典について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone