コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リュエイユマルメゾン Rueil-Malmaison

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

リュエイユマルメゾン
Rueil-Malmaison

フランス北部,オードセーヌ県の都市。パリ西郊,セーヌ川左岸の住宅地および工場地区。6~8世紀,メロビング朝の王族の保養地であった。 1622年に C.ペローが建設したマルメゾン城は,1799年にジョゼフィーヌ・ボナパルトの手に移って拡張され,ナポレオン1世も一時ここに住んだ。現在国立博物館となり,ナポレオン関係の資料やセーブルの陶磁器が納められている。自動車部品,写真材料,機械工業が盛ん。人口6万 7323 (1990) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android