コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リュードベリの公式 Rydberg formula

法則の辞典の解説

リュードベリの公式【Rydberg formula】

各元素一般のスペクトル系列を表現できるように考えられた近似的関係式.1895年にスウェーデンのリュードベリ(J. Rydberg)によって考案された.波数 ν は,μ と m とを整数としたとき次のような式で与えられる.

α と a はそれぞれの系列に特有な定数で,量子欠損と呼ばれる.上の式の第一項は,m→∞ に相当する波数を与えるのでこれを極限項ということもある.これに対して第2項は変項と呼ばれる.この式で表されるスペクトルをリュードベリ系列*と呼ぶ.

出典|朝倉書店法則の辞典について | 情報

リュードベリの公式の関連キーワードリュードベリ(Johannes Robert Rydberg)リュードベリ‐リッツの公式J.R. リュードベリリッツの結合原理ヒックスの公式原子スペクトルW. リッツリッツ

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android