コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

波数 はすうwave number

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

波数
はすう
wave number

単位の長さに波がいくつ含まれているかを示す数。波長 λ をもつとき,波数 kk=1/λ で与えられる。正弦波を扱う場合などでは,2π/λ を波数ということもある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

は‐すう【波数】

波動における単位長さ当たりの波の数。波長逆数。単位は毎メートル。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

波数【はすう】

単位長さに含まれる波の数。波長の逆数に等しい。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

はすう【波数】

単位長あたりに含まれる波の数。波長が一定ならば波長の逆数となる。分光学では波長のかわりに波数を用いることが多く、その時の単位 cm-1 はカイザーと呼ばれる。また、光子のエネルギーが波数に比例するので、波数をエネルギーの単位として用いることもある。波長の逆数の 2π 倍をいうこともある。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

波数
はすう
wave number

単位長さのなかで繰り返される波の個数。波長の逆数であり、記号はkを用いる。波長をλとするとk=1/λで表され、単位はSI(国際単位系)では1/mを用いるが、分光学では1/cmが使用されている。また2π/λを波数定数または単に波数ということもあり、たとえば正弦波表示の場合、正弦波uを振幅A、振動数ν、波長λとするとき

のように表示される。この場合、波数k=2π/λである。ここで、tは時刻、xは位置、ωが角振動数である。[山本将史]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

波数の関連キーワードリッディン‐ザックス‐テラーの関係式リュードベリ‐シュスターの法則ルンゲの法則(スペクトル系列)ルンゲの法則(ゼーマン効果)周波数変換パススルー方式フォルトラダイアグラムコーン効果(固体物理)コルモゴロフスペクトルウォレス‐カウスキー波ブリルアン帯(ゾーン)リュードベリの公式リッツの結合原理カルボニル化合物モーズリーの法則アルヴェーン速度リュードベリ定数トランシーバー分子スペクトルバルマーの公式パッシェン系列

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android