コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リングラ Lingula

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

リングラ
Lingula

触手動物門腕足綱無関節目シャミセンガイ科の代表属。は薄くキチン質。長卵形で,腹殻は背殻と同じか,やや大きい。殻の表面には成長線の同心円的肋がある。殻長の 4~5倍もある肉茎が殻の間についている。化石オルドビス系に本種らしいものを産するほか,シルル紀以降どの時代の地層からも知られている。現生のものはシャミセンガイといい,「生きている化石」の一つとして有名である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

リングラの関連キーワードマリノフスキー(Rodion Yakovlevich Malinovskiy)パウルス(Friedrich von Paulus)ウルトラダウニー リキッドアレキサンダー ビンテルスターリングラードの戦いスターリングラード攻防戦テーオドール プリビエーアレクセイ エピシェフミドリシャミセンガイアントニー ビーバーミハイル ルコーニンスキンケアリサーチヘイムスクリングラミコラ バジャンロマノ ビレンキレストジェノールペンダントライトベキュア ハニーワシレフスキーマンシュタイン

今日のキーワード

白根山

① 栃木県と群馬県との境にある火山。山中に五色沼、北麓に丸沼・菅沼がある。海抜25...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android