コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リンケージ政策 リンケージせいさく linkage policy

1件 の用語解説(リンケージ政策の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

リンケージ政策
リンケージせいさく
linkage policy

特定の争点をめぐって利害が対立する場合,相手国から譲歩を引出す手段として他の別の争点を組合せる政策をいう。対外政策上重要な目標を達成するために,大国によってしばしば用いられ,政策用語として一般化させたのは,アメリカニクソン政権時代の H.キッシンジャー国務長官であった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

リンケージ政策の関連キーワード国際コーヒー協定三池争議川論鶴の一声折合う対立軸論地海砂採取をめぐる問題《生粋主義をめぐって》《劇的なるものをめぐって II》

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone