リンケージ政策(読み)リンケージせいさく(英語表記)linkage policy

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

リンケージ政策
リンケージせいさく
linkage policy

特定の争点をめぐって利害が対立する場合,相手国から譲歩を引出す手段として他の別の争点を組合せる政策をいう。対外政策上重要な目標を達成するために,大国によってしばしば用いられ,政策用語として一般化させたのは,アメリカのニクソン政権時代の H.キッシンジャー国務長官であった。この政策は,ソ連との軍備管理交渉でソ連から譲歩を引出すために対ソ穀物輸出の切り札と結びつけたり,やはりソ連における人権問題と対ソ最恵国待遇供与とをリンクさせたり,天安門事件後の中国における人権抑圧と対中国最恵国待遇供与とをリンクさせるなどして用いられた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android