コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リンジャイト ringite

岩石学辞典の解説

リンジャイト

長石を含むエジリン─カーボナタイトである.中粒またはペグマタイト状のカーボナタイトで,方解石(40~70%),エジリン,マイクロパーサイトからなる岩石である[Brögger : 1921].フエン岩と炭酸塩マグマの混成作用により形成されたという意見がある,エッケルマンはフェンツヴェイタセン岩(tveitasite)とソーヴ岩が混合したもので,この名称は不適当であるとし,ソーヴ岩質フェン岩(sovitic fenite)と再命名した[Eckermann : 1948].ノルウェー,フェン(Fen)地方のリングセヴジャ(Ringsevja)に因む.

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

リンジャイトの関連キーワードザクロ石(柘榴石)

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android