コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岸本 きしもと

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

岸本
きしもと

鳥取県西部,伯耆町北部の旧町域。米子平野の南東部から大山西斜面にかけて広がる。 1955年大幡村,八郷村,幡郷村の一部が合体して町制。 2005年溝口町と合体して伯耆町となった。中心集落の岸本は日野川の谷口集落。開拓は古く,河岸段丘上に古墳,平野部に条里制遺構がみられる。大寺廃寺 (白鳳期創建) 跡があり,古代は米子地方の文化の中心地であったと推定される。産業は農業と畜産。大山西斜面は大平原,水無原と呼ばれ,キャンプ,ハイキング,登山,スキーの好適地。水無原は大山隠岐国立公園に属する。

岸本
きしもと

高知県東部,香南市南部の旧町域。香長平野の東部にある。 1901年町制施行。 1955年近隣5村と合体して香我美町となり,2006年赤岡町,野市町,夜須町,吉川村と合体して香南市となった。土佐湾に面し,香宗川河口付近の砂丘を占め,国道 55号線沿いに開ける。古くからの商業地で,『土佐日記』の宇多ノ松原はこの地にあったといわれる。市街地は西の赤岡と連続している。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

きしもと【岸本】

姓氏の一。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

岸本
きしもと

鳥取県西部、西伯(さいはく)郡にあった旧町名(岸本町(ちょう))。現在は伯耆(ほうき)町の北部地域。1955年(昭和30)大幡(おおはた)、幡郷(はたさと)、八郷(やごう)の3村が合併して成立。2005年(平成17)日野(ひの)郡の溝口(みぞくち)町と合併、伯耆町となる。旧町域は、日野川微扇状地の扇頂部と大山(だいせん)の裾野(すその)に開け、JR伯備(はくび)線、国道181号(出雲(いずも)街道)が通じ、米子(よなご)自動車道の溝口インターチェンジが近い。条里遺構のほか周辺には古墳群が多い。大殿(おおとの)地区の大寺(おおでら)廃寺跡では、推定白鳳(はくほう)期の塔、堂跡、回廊跡、瓦(かわら)積み基壇などのほか、山陰唯一の三段舎利孔(しゃりこう)をもつ心礎(しんそ)が知られ、石製鴟尾(しび)は日本有数で国の重要文化財である。[岩永 實]
『『岸本町誌』(1983・岸本町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

岸本の関連キーワードNARUTO BORUTO THE LAST NARUTO THE MOVIENARUTO 道頓堀の雨に別れて以来なりセールスレディは何を見たアナウンサーぷっつん物語ノックアウトのその後で水戸黄門〈第30部〉水戸黄門〈第31部〉アニメNARUTOニューヨーク恋物語TAKESHIS'岸本五兵衛(2代)福田露言(初代)ねにもつタイプ岸本 吉右衛門香我美[町]蝶々子(1)岸本[町]

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

岸本の関連情報