リーデン岩(読み)リーデンがん(英語表記)riedenite

岩石学辞典の解説

リーデン岩

ネフェリンを含まないノセアン・メルタイグ岩に相当する.ノゼアンに富む黒雲母輝岩の一種で,代表的なものは放出塊としてのみ知られている.エジリンオージャイトの粒状集合体の中に黒雲母の大きな結晶が含まれている[Brauns : 1922].ノゼアンの代わりにアウインが含まれる場合にはアウイン・リーデン岩(haüyne-riedenite)といい,イタリアのメルフィ(Melfi)近くのアウイン響岩の中に産出する[Tomkeieff : 1983].ライン地方のラアヘル(Laacher)湖地域のヴァイベルン(Weibern)とリーデン(Rieden)の間に産出する.

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android