コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ルガーノ湖 ルガーノこ

1件 の用語解説(ルガーノ湖の意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

ルガーノこ【ルガーノ湖】

スイス南部、イタリア国境をまたがって広がる氷河湖。面積は48.7km2最大水深は288m。イタリアのコモ湖(Lago di Como)とマッジョーレ湖(Lago Maggiore)の中間に位置する。湖畔に、スイスイタリア語圏最大の都市ルガーノがある。◇正式名称は「チェレーズィオ」(Ceresio)だが、通称の「ルガーノ湖」のほうが一般的になっている。アルプスの山々に囲まれた複雑にいりくんだ形の湖で、古くから風光明媚な避寒地として知られたところである。1848年に運航を開始した定期便や周遊便が春から秋にかけて運航していて、「ルガーノ湖の真珠」と呼ばれるモルコーテや、湖からせりあがった斜面に家が連なるガンドリアなどの見どころを回るクルーズが楽しめる。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ルガーノ湖の関連キーワードサンベルナール峠スイスマントンイタリアンANSAカンピオーネディタリアミュスタイアイタリア国立放送交響楽団スイス・イタリア語放送管弦楽団スイス・イタリアーナ管弦楽団

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone