コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ルクソル神殿 ルクソルしんでん

2件 の用語解説(ルクソル神殿の意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

ルクソルしんでん【ルクソル神殿】

ルクソルにある古代エジプトの神殿。アメンホテプ三世とラムセス二世らによって建造。全長260メートル、最大幅約60メートル。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ルクソル神殿【ルクソルしんでん】

古代エジプトの都市テーベの一部をなしたルクソルLuxorにあるアメン神殿。アメンヘテプ3世が建立,アメンムートコンスの3神をまつり,ラメセス2世が最北部のピュロンとそれに続く列柱のある中庭を増築した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典内のルクソル神殿の言及

【ルクソル】より

カルナック神殿とネクタネボス1世の銘のある人頭のスフィンクス参道で結ばれたアメン大神殿で有名。今日見られるルクソル神殿は,第12王朝時代の神殿の跡にアメンヘテプ3世が建設し,ラメセス2世が増築したもので,その後ツタンカーメン,ホルエムハブ,アレクサンドロス大王などにより小規模な変更がなされた。ここでのアメン神は肥沃多産の神で,巨大な男根を直立させたミンの姿で表される。…

※「ルクソル神殿」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ルクソル神殿の関連キーワードエジプト暦出エジプト記トートノモスムートルクソールエジプト鼠エジプト綿エジプト文字古代エジプト語

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone