ルクルーゾー(英語表記)Le Creusot

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フランス中部,マシフサントラル (中央山地) 北東部,ソーヌエロアール県にある都市。ディジョン南西約 80kmに位置する。炭鉱地帯の中心として 18世紀末に創設された鉄鋼業都市。の代りに石炭を用いる製鉄所が 1782年にフランスで初めて建設された。 1836年シュナイダー兄弟がクルーゾー製鉄・鉄工株式会社を創立。炭鉱が衰えてからは特殊鋼,薄板金,機関車,兵器などの製造が中心となった。 70年に起きたストライキはフランス社会史上有名。 1970年,同社はロアール鉄工・製鉄株式会社と合併,現在フランスで最も重要な重工業会社の一つとなっている。人口2万 9230 (1990) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android