コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ルス Rus'

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ルス
Rus'

ルーシとも読む。ロシアロシア人のもととなった東スラブの種族の呼称。この語の発生については,18世紀以来論争があって,「ノルマン説」を唱える学者はスカンジナビア起源を主張し,他方はスラブ起源を主張している。現在ロシアの学者は黒海北岸,ドネプル川流域に住んでいたスラブ人に由来するものと考え,それがのちに国と民族の名称になったとしている。この語は 17世紀にいたるまでロシアの地と国家をさして用いられたが,15世紀末から「ロシア」 Rossiyaという語が用いられはじめ,次第にルスからロシアと呼ばれるようになった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ルスの関連キーワードラスパルマスデグランカナリアかぜ症候群をおこすウイルス古代都市パレンケと国立公園pattern fileルースカヤ・プラウダイブン・ファドラーンイブン・ファドラーンヒト免疫不全ウイルスフィデル・カストロキプチャク・ハン国ウイルスカレンダートレド(スペイン)フィデル カストロサテライトウイルスピコルナウイルスヘルペスウイルスエンテロウイルスウイルス性結膜炎フロリアノポリスB型肝炎ウイルス

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ルスの関連情報