コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ルダンゴト ルダンゴト〈フランス〉redingote

デジタル大辞泉の解説

ルダンゴト(〈フランス〉redingote)

《「ルダンゴット」とも》
女性用の、広い肩幅で、ウエストのくびれたシルエットのコートの一種。
男性用の長いオーバーコート。
[補説]英語のriding coatがフランス語になまったもので、もとは17~18世紀の男性用乗馬コートをさした。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内のルダンゴトの言及

【コート】より

…ジュストコルはフランス革命後裾が短く後ろも燕尾状にカットされ,さらに19世紀中ごろにはフロックコートへと変化した。18世紀中ごろにはジュストコルの上に着るルダンゴトredingote(英語名ライディングコート)があらわれた。後ろに割れ目(ベンツvent)のある乗馬用コートのルダンゴトは,しだいに男女間に普及し,19世紀には広く着用された。…

【フロックコート】より

…フロックとは元来聖職者の着るゆったりした衣服をいい,後には農民の着るスモックも意味し,16~17世紀には女性のガウンをも呼んだ。フロックコートは,18世紀に着用されたルダンゴトredingote(英名ライディングコート)の発展したものと考えられ,当初は乗馬服であった。フランス革命後の1790年代には長ズボンと組み合わせて着用された。…

※「ルダンゴト」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone