コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ルリスターン美術 ルリスターンびじゅつLuristan art

1件 の用語解説(ルリスターン美術の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ルリスターン美術
ルリスターンびじゅつ
Luristan art

西部イランザグロス山脈中のルリスターン地方から出土した青銅器によって代表される美術。前2千年紀後半から前1千年紀初頭に属するものと推定される。多くは自然主義的表現の動物意匠で飾られた剣,斧などの武器,馬具や車の装飾具,飾針,帯金具,鏡などの装身具,人物像,祭祀用具,奉納用のピンなどである。いずれも携帯可能で,出土地周辺に定住の痕跡のないことや,周辺の騎馬遊牧民文化との近似性などから,前2千年紀後半頃から活躍しはじめた騎馬民族の文化と考えられている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone