コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ルートヴィヒスブルク城 ルートヴィヒスブルクじょう

1件 の用語解説(ルートヴィヒスブルク城の意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

ルートヴィヒスブルクじょう【ルートヴィヒスブルク城】

ドイツ南西部、バーデンビュルテンベルク州の州都シュトゥットガルト(Stuttgart)の北約13km、マルクト広場クリスマスマーケットで有名な小さな町ルートヴィヒスブルク(Ludwigsburg)にある宮殿。鉄道・地下鉄のルートヴィヒスブルク駅から約2km、徒歩20分ほどの場所にある。バスも利用できる。ヴュルテンベルク王国のエーベルハルト・ルートヴィヒ伯爵の狩猟館が、17世紀末に火災で焼失したため、新たな狩猟のための館、夏の離宮として、フランスベルサイユ宮殿をまねて1704年に着工、1733年に完成した、バロック様式の離宮である。「シュヴァーベン地方のベルサイユ」と形容されている。ドイツ国内で最も大きなバロック建築といわれる18の建物と452の部屋を持つ壮大な宮殿と、広大な美しいバロック庭園がある。また、敷地にはバーデンビュルテンベルク州唯一の陶磁器工場(ルートヴィヒスブルク陶磁器工場)やルートヴィヒスブルク音楽祭の会場がある。宮殿を見学できるガイドツアーが用意されている。

出典|講談社
世界の観光地名がわかる事典について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone