コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ルートヴィヒスブルク城 ルートヴィヒスブルクじょう

世界の観光地名がわかる事典の解説

ルートヴィヒスブルクじょう【ルートヴィヒスブルク城】

ドイツ南西部、バーデンビュルテンベルク州の州都シュトゥットガルト(Stuttgart)の北約13km、マルクト広場のクリスマスマーケットで有名な小さな町ルートヴィヒスブルク(Ludwigsburg)にある宮殿。鉄道・地下鉄のルートヴィヒスブルク駅から約2km、徒歩20分ほどの場所にある。バスも利用できる。ヴュルテンベルク王国のエーベルハルト・ルートヴィヒ伯爵の狩猟館が、17世紀末に火災で焼失したため、新たな狩猟のための館、夏の離宮として、フランスのベルサイユ宮殿をまねて1704年に着工、1733年に完成した、バロック様式の離宮である。「シュヴァーベン地方のベルサイユ」と形容されている。ドイツ国内で最も大きなバロック建築といわれる18の建物と452の部屋を持つ壮大な宮殿と、広大な美しいバロック庭園がある。また、敷地にはバーデンビュルテンベルク州唯一の陶磁器工場(ルートヴィヒスブルク陶磁器工場)やルートヴィヒスブルク音楽祭の会場がある。宮殿を見学できるガイドツアーが用意されている。

出典 講談社世界の観光地名がわかる事典について 情報

ルートヴィヒスブルク城の関連キーワード狩猟の館ファボリオーテ

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android