ルーニ川(読み)るーにがわ(英語表記)Luni

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ルーニ川
るーにがわ
Luni

インド北西部の川。ラージャスターン州、アラバリ山脈中ほどのアジメールに源を発して西流する。上流はサガルマティ川とよばれ、やがてサルスティ川をあわせルーニ川となる。その後ジョドプル県で南西に流れをかえタール砂漠を貫通し、途中スクリ川をあわせ大カッチ湿地に注ぐ。全長500キロメートル。サンスクリット語でロナバリ(塩の川)とよばれるように、乾期には水が涸(か)れ河床に塩が集積する。中流のルーニ盆地は灌漑(かんがい)が進み穀倉地帯となっている。[成瀬敏郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

一代年寄

相撲界に大きな功績を残した力士に認められる年寄のことで,理事会が決定する。日本相撲協会にある 105の年寄名跡のほかに,力士名がそのまま年寄名とされる。資格は本人1代かぎりで,定年または廃業すれば自然...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android