コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

レイティング・システム レイティングシステムrating system

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

レイティング・システム
レイティングシステム
rating system

アメリカ映画協会 (MPAA) が採用した,映画の内容によって観客の年齢制限をする制度。Gは誰でも見られるもの。 PGは保護者の指導が必要なもの。 PG13は保護者の監視が必要で,13歳未満には不適切なシーンがあるもの。Rは 17歳未満は親かおとなが同伴しないと見られないもの。 NC17は 17歳未満は入場不可なものとなっている。また MPAAの審査を受けずに自主的にXをつけているのが,いわゆるハードコア・ポルノ映画である。レイティング・システムは国によって異なるが,日本では映倫によって採用された次の3つの基準がある。誰でも見られる一般映画,18歳未満は見られない成人映画,中学生以下,15歳未満は見られない一般映画制限付 (略称R) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

レイティング・システムの関連キーワードアメリカ映画協会

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android