コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

レカーレド Recaredo

1件 の用語解説(レカーレドの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

レカーレド【Recaredo】

?‐601
6世紀初頭,イベリア半島に成立した西ゴート王国の王。在位586‐601年。父レオウィギルド王の半島統一政策を助け,この間の体験から即位の翌年アリウス派からカトリックに改宗,さらに2年後の589年には第3回トレド会議を開いて,西ゴート王国のカトリック改宗を宣言した。これに対してアリウス派の反乱はあったものの,容易に平定された。この改宗によって従来西ゴート王権と半島住民の間にあった最大の障害が取り除かれ,西ゴート王国は実体を伴った国家へと発展していった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のレカーレドの言及

【トレド会議】より

…第1回はまだローマ時代の397‐400年に開かれ,プリスキリアヌス主義が弾劾された。第3回(589)は,それまでアリウス主義を奉じていた西ゴート王レカーレドがカトリックに改宗した会議として知られるが,この第3回よりトレド会議は西ゴート王国の政治機構の一つとなり,世俗的問題も討議されることになった。第4回(633)はセビリャのイシドルスが主宰し,第12回(681)はトレド大司教座のスペインにおける首位権を確定した。…

【西ゴート王国】より

… 6世紀後半にトレドの宮廷を中心に,王国は全イベリア半島にまとまりをみせ始める。587年レカーレド(在位573,586‐601)は,アリウス派からカトリックに改宗し,ローマ人と西ゴート人の宗教的統一を実現した。これによってトレド公会議が単に教会の決議機関というだけでなく,王国統治の最も重要な決定機関であるという,西ゴート王国独特の政治システムの形成を可能にした。…

※「レカーレド」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

レカーレドの関連キーワードイベロアメリカエルバススペイン語ブーシア半島イタリア半島イベリア半島尾長国土回復戦争西ゴート族イベリア

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone