コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

レカーレド Recaredo

世界大百科事典 第2版の解説

レカーレド【Recaredo】

?‐601
6世紀初頭,イベリア半島に成立した西ゴート王国の王。在位586‐601年。父レオウィギルド王の半島統一政策を助け,この間の体験から即位の翌年アリウス派からカトリックに改宗,さらに2年後の589年には第3回トレド会議を開いて,西ゴート王国のカトリック改宗を宣言した。これに対してアリウス派の反乱はあったものの,容易に平定された。この改宗によって従来西ゴート王権と半島住民の間にあった最大の障害が取り除かれ,西ゴート王国は実体を伴った国家へと発展していった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のレカーレドの言及

【トレド会議】より

…第1回はまだローマ時代の397‐400年に開かれ,プリスキリアヌス主義が弾劾された。第3回(589)は,それまでアリウス主義を奉じていた西ゴート王レカーレドがカトリックに改宗した会議として知られるが,この第3回よりトレド会議は西ゴート王国の政治機構の一つとなり,世俗的問題も討議されることになった。第4回(633)はセビリャのイシドルスが主宰し,第12回(681)はトレド大司教座のスペインにおける首位権を確定した。…

【西ゴート王国】より

… 6世紀後半にトレドの宮廷を中心に,王国は全イベリア半島にまとまりをみせ始める。587年レカーレド(在位573,586‐601)は,アリウス派からカトリックに改宗し,ローマ人と西ゴート人の宗教的統一を実現した。これによってトレド公会議が単に教会の決議機関というだけでなく,王国統治の最も重要な決定機関であるという,西ゴート王国独特の政治システムの形成を可能にした。…

※「レカーレド」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

レカーレドの関連キーワード不動産利用権シンギュラリティネパール制憲議会斑鳩宮切韻バラトン湖アブラージュアルベイトタワーズBT709BT.601斑鳩宮

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android