レグニッツ川(読み)レグニッツがわ(英語表記)Regnitz

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

レグニッツ川
レグニッツがわ
Regnitz

ドイツ南東部,バイエルン州北部を流れるマイン川の支流。全長 68km。ドナウ川北岸に延びるフレンキッシュアルプ山地に源を発したレドニッツ川が,北流してニュルンベルク西方でペグニッツ川と合流,レグニッツ川となってバンベルクの下流でマイン川に注ぐ。古来南北交通路の一つとして利用された。 1972年にはバンベルクからニュルンベルクにいたる流路に沿って全長 72kmの運河が開通した。現在,これとドナウ川上流部のケルハイムとを結ぶ運河が建設中で,完成時にはマイン=ドナウ運河として北海と黒海とを結ぶことになる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android