コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

レシュノ Leszno

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

レシュノ
Leszno

ポーランド南西部,ウィエルコポルスキェ県の都市。ドイツ語ではリサ Lissa。ポズナンの南南西約 65kmに位置する。 15世紀に建設された都市で,16世紀に宗教改革の一中心地となり,ボヘミア (チェヒ) ,モラビア (モラバ) などから宗教者・教育者のヨハン・アモス・コメニウス率いるボヘミア兄弟団 (モラビア兄弟団) らプロテスタントが多く流入。プロテスタントの学校や,印刷所などが建てられた。 17~18世紀には織物業で繁栄。第2次ポーランド分割 (1793) 後はプロシア領。 1807年ワルシャワ公国の一部となり,1815年にウィーン会議により再びプロシア領に戻り,1919年ポーランドに返還された。近代以降は交通の要地を占め,穀物,家畜の集散地として知られる。機械,繊維,食品加工などの工業も行なわれる。人口6万 3660 (2002) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

レシュノの関連キーワードオットー ヴィルマングロホウィアク

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android