コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

レプチス・ミノル Leptis Minor

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

レプチス・ミノル
Leptis Minor

北アフリカの古代都市。現チュニジアのラムタ。カルタゴ人の小都市。ローマの支配期にはオリーブ栽培の中心地として知られた。前 46年タプソスの戦いに際してユリウス・カエサルの基地となった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

レプチス・ミノルの関連キーワード北アフリカ

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android