レプティスマグナ(英語表記)Leptis Magna

デジタル大辞泉の解説

レプティス‐マグナ(Leptis Magna)

リビアの北西部、地中海沿岸にある古代ローマの都市遺跡。近郊の港湾都市ホムスの東約30キロメートルに位置する。この地出身のセプティミウス=セウェルスが、ローマ皇帝に在位した193年から211年に全盛期を迎え、凱旋門(がいせんもん)・円形劇場・列柱回廊などが整備された。7世紀以降、都市は衰退し砂に埋没。遺跡の保存状態はよい。1982年「レプティスマグナの古代遺跡」の名で世界遺産(文化遺産)に登録。2016年、政情不安により危機遺産に登録。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

スロースリップ

地球の表面を構成するプレートの境界面において、プレートがゆっくりと滑って移動する現象。この移動が一気に起きるとプレート境界地震になる。プレートどうしが強く固着した、アスペリティーと呼ばれる領域以外で生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android