危機遺産(読み)キキイサン

デジタル大辞泉の解説

きき‐いさん〔‐ヰサン〕【危機遺産】

《「危機にさらされている世界遺産」の通称世界遺産のうち、自然災害紛争開発密猟などによって価値を損なう恐れのあるもの。ユネスコ危機遺産リストに登録され、資金援助や国際協力などを受けることができる。危機を脱したと判断されればリストから削除される。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

危機遺産

武力紛争、災害、都市の乱開発などで「重大かつ特別な危久がおよんでいると世界遺産委員会から判定された遺産。登録されたのちに、管理体制が改善されない場合には世界遺産からの抹消もある。現在34件が登録されている。

(2006-04-21 朝日新聞 朝刊 広島1 1地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

大辞林 第三版の解説

ききいさん【危機遺産】

世界遺産保護条約に基づいて世界遺産リストに登録された物件のうち、自然災害・武力紛争・開発などにより重大な危機にさらされ、緊急の救済措置が必要とされるもの。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

危機遺産
ききいさん
World Heritage in Danger

国連教育科学文化機関(ユネスコ)が登録する世界遺産の物件のうち、世界遺産としての顕著な普遍的価値が損なわれかねない脅威にさらされているもの、あるいは放置すれば損なわれる可能性のある物件をさす。日本語では「危機にさらされている世界遺産」ともいう。年に一度開かれるユネスコ世界遺産委員会の場で、世界遺産の保全状況が報告されるのにあわせて危機遺産として認めるかどうか審議され、認められた場合には「危機遺産リスト」に記載される。
 2017年の世界遺産委員会を経た後の危機遺産の数は54件であり、長期的趨勢(すうせい)では増加する傾向にある。開発途上国にある登録物件の記載が多いが、2012年に都市再開発計画の懸念によりリスト入りしたイギリスの「リバプール―海商都市」や、2017年に開発による景観への懸念によりリスト入りしたオーストリアの「ウィーン歴史地区」など、ヨーロッパの先進国の事例もある。
 危機遺産となる原因は、自然遺産の場合は、災害や地球温暖化などによる環境の変化、戦争や密猟などによる自然環境の破壊や動植物の減少などがあげられる。文化遺産の場合は、戦争・軍事衝突や開発による建造物や景観の破壊、環境の変化等による建造物への悪影響といったことが典型例である。
 危機遺産リストに記載されると、とくに開発途上国では危機からの脱出を図るため、国際的な資金の援助などの支援が受けられるが、当該国が危機脱出のための努力を行うことが前提であり、こうした支援などで懸念が払拭(ふっしょく)されれば、危機遺産リストから除外される。逆に、当該国が危機からの脱出に消極的となり危機状態が続けば、世界遺産から抹消される。これまでに「ドレスデン・エルベ渓谷」(ドイツ)が2006年に危機遺産リストに記載され、2009年に登録が抹消されている。なお、もう1件、世界遺産から登録を抹消された物件に「アラビアオリックスの保護区」(オマーン)があるが、こちらは危機遺産を経ず、2007年にいきなり抹消されている。
 初めて危機遺産に登録された物件は、1982年の「エルサレムの旧市街とその城壁群」である。世界遺産の制度は、水没の危機にあったエジプトの「アブ・シンベル神殿」の救済がきっかけとなって始まったことからもわかるように、もともと「危機にある遺産」をいかに後世に引き継ぐかに理念が置かれている。エルサレムは、ユダヤ教、キリスト教、イスラム教の三つの宗教の聖地であるとともに、パレスチナ紛争の火種を抱えた地域にあり、初めて世界遺産の物件が誕生した1978年からわずか3年後の1981年にヨルダンからの申請で世界遺産に登録されたが、周辺の情勢が不安定なことから、翌年の1982年には危機遺産リスト入りした。以来、35年以上にわたって危機遺産リストに記載されたままである。
 危機遺産リストから除外された物件としては、ユーゴ内戦により危機遺産となったクロアチアの「ドゥブロブニク旧市街」や「プリトビツェ湖沼群国立公園」、やはり内戦により12年にわたって危機遺産リストに記載されたカンボジアの遺跡群「アンコール」などがある。いずれも内戦の終結で平和が訪れるとともに危機遺産を脱し、現在はともに国を代表する観光地として多くの観光客を迎え入れている。
 一方、危機遺産を脱したものの、ふたたび危機遺産に逆戻りしてしまった例もある。アメリカの「エバーグレーズ国立公園」は、1993年に前年のハリケーンによる被害を受けて危機遺産入りし、2007年にいったんリストから外れたものの、2010年には水生生物の生態系の悪化などの理由でふたたび危機遺産リスト入りした。ほかにもホンジュラスの「リオ・プラタノ生物圏保存地域」、コンゴ民主共和国の「ガランバ国立公園」、マリの「トンブクトゥ」が2度目の危機遺産リスト入りをしている。
 また、危機遺産は世界遺産リスト入りしたもののなかからリストに記載するかどうかを審議するが、特例として世界遺産の候補のうち、そのままでは価値が損なわれる危険性が高いと判断され、緊急で世界遺産に登録されると同時に危機遺産リストにもあわせて記載された例もある。「バムとその文化的景観」(2004・イラン。2013年解除)、「イエス生誕の地:ベスレヘムの聖誕教会と巡礼路」(2012・パレスチナ)などがそれにあたる。
 危機遺産は、日本のように1件もない国もあれば、国内のすべての世界遺産が危機遺産となっている国もある。アフガニスタンの2件、シリアの6件、コンゴ民主共和国およびリビアの5件がそれにあたる。
 日本は危機遺産のリスト入りの物件はないが、観光客の増加による環境の悪化や周辺のビル・マンション建設による景観の悪化、登山者が捨てるごみなどによる自然環境の破壊など、危機遺産に入ってもおかしくない物件もあり、危機遺産リスト入りしていないから安心だとはいいきれない。危機遺産は、世界遺産を守ることのむずかしさと重要性を改めて警告する仕組みとして、世界遺産制度の根幹にかかわる重要な枠組みとなっている。[佐滝剛弘]

資料 危機遺産一覧

ユネスコの「危機遺産リスト」に登録されている遺産を国ごとに示す。2017年11月時点の登録件数は54件。登録名は日本ユネスコ協会連盟のものをもとにしたが、本事典にあわせて若干表記を変更したものがある。また、著しく語形が異なるものについては〔 〕内に本事典の語形を示した。
《アジア》
【インドネシア】
スマトラの熱帯雨林遺産
〔種類〕自然遺産
〔世界遺産登録年〕2004
〔危機遺産登録年〕2011
《中東》
【アフガニスタン】
ジャムのミナレットと考古遺跡群
〔種類〕文化遺産
〔世界遺産登録年〕2002
〔危機遺産登録年〕2002
バーミアン渓谷の文化的景観と古代遺跡群
〔種類〕文化遺産
〔世界遺産登録年〕2003
〔危機遺産登録年〕2003
【イエメン共和国】
シバームの旧城壁都市
〔種類〕文化遺産
〔世界遺産登録年〕1982
〔危機遺産登録年〕2015
サヌア旧市街
〔種類〕文化遺産
〔世界遺産登録年〕1986
〔危機遺産登録年〕2015
古都ザビード
〔種類〕文化遺産
〔世界遺産登録年〕1993
〔危機遺産登録年〕2000
【イラク】
ハトラ
〔種類〕文化遺産
〔世界遺産登録年〕1985
〔危機遺産登録年〕2015
アッシュール(カラット・シェルカット〔カルアト・シェルカート〕)
〔種類〕文化遺産
〔世界遺産登録年〕2003
〔危機遺産登録年〕2003
都市遺跡サマッラー
〔種類〕文化遺産
〔世界遺産登録年〕2007
〔危機遺産登録年〕2007
【エルサレム】(ヨルダンによる申請遺産)
エルサレムの旧市街とその城壁群
〔種類〕文化遺産
〔世界遺産登録年〕1981
〔危機遺産登録年〕1982
【シリア】
古都ダマスカス
〔種類〕文化遺産
〔世界遺産登録年〕1979
〔危機遺産登録年〕2013
古代都市ボスラ
〔種類〕文化遺産
〔世界遺産登録年〕1980
〔危機遺産登録年〕2013
パルミラの遺跡
〔種類〕文化遺産
〔世界遺産登録年〕1980
〔危機遺産登録年〕2013
古都アレッポ
〔種類〕文化遺産
〔世界遺産登録年〕1986
〔危機遺産登録年〕2013
クラック・デ・シュバリエとサラディン城
〔種類〕文化遺産
〔世界遺産登録年〕2006
〔危機遺産登録年〕2013
シリア北部の古代村落群
〔種類〕文化遺産
〔世界遺産登録年〕2011
〔危機遺産登録年〕2013
【パレスチナ】
イエス生誕の地:ベスレヘムの聖誕教会と巡礼路
〔種類〕文化遺産
〔世界遺産登録年〕2012
〔危機遺産登録年〕2012
パレスチナ:オリーブとワインの地―エルサレム南部バティールの文化的景観
〔種類〕文化遺産
〔世界遺産登録年〕2014
〔危機遺産登録年〕2014
ヘブロン/アル・ハリール旧市街
〔種類〕文化遺産
〔世界遺産登録年〕2017
〔危機遺産登録年〕2017
《アフリカ》
【ウガンダ】
カスビのブガンダ王国歴代国王の墓
〔種類〕文化遺産
〔世界遺産登録年〕2001
〔危機遺産登録年〕2010
【エジプト】
アブ・メナ
〔種類〕文化遺産
〔世界遺産登録年〕1979
〔危機遺産登録年〕2001
【ギニア】【コートジボワール】(2か国で登録)
ニンバ山厳正自然保護区
〔種類〕自然遺産
〔世界遺産登録年〕1981、1982
〔危機遺産登録年〕1992
【コンゴ民主共和国】
ビルンガ国立公園
〔種類〕自然遺産
〔世界遺産登録年〕1979
〔危機遺産登録年〕1994
ガランバ国立公園
〔種類〕自然遺産
〔世界遺産登録年〕1980
〔危機遺産登録年〕1984~1992、1996
カフジ・ビエガ国立公園
〔種類〕自然遺産
〔世界遺産登録年〕1980
〔危機遺産登録年〕1997
サロンガ国立公園
〔種類〕自然遺産
〔世界遺産登録年〕1984
〔危機遺産登録年〕1999
オカピ野生生物保護区
〔種類〕自然遺産
〔世界遺産登録年〕1996
〔危機遺産登録年〕1997
【セネガル】
ニオコロ・コバ国立公園
〔種類〕自然遺産
〔世界遺産登録年〕1981
〔危機遺産登録年〕2007
【タンザニア】
セルー・ゲーム・リザーブ
〔種類〕自然遺産
〔世界遺産登録年〕1982
〔危機遺産登録年〕2014
【中央アフリカ共和国】
マノボ・グンダ・サン・フローリス国立公園
〔種類〕自然遺産
〔世界遺産登録年〕1988
〔危機遺産登録年〕1997
【ニジェール】
アイールとテネレの自然保護区群
〔種類〕自然遺産
〔世界遺産登録年〕1991
〔危機遺産登録年〕1992
【マダガスカル】
アツィナナナの雨林群
〔種類〕自然遺産
〔世界遺産登録年〕2007
〔危機遺産登録年〕2010
【マリ】
ジェンネ旧市街
〔種類〕文化遺産
〔世界遺産登録年〕1988
〔危機遺産登録年〕2016
トンブクトゥ
〔種類〕文化遺産
〔世界遺産登録年〕1988
〔危機遺産登録年〕1990~2005、2012
アスキア墳墓
〔種類〕文化遺産
〔世界遺産登録年〕2004
〔危機遺産登録年〕2012
【リビア】
レプティス・マグナの古代遺跡
〔種類〕文化遺産
〔世界遺産登録年〕1982
〔危機遺産登録年〕2016
サブラータの古代遺跡
〔種類〕文化遺産
〔世界遺産登録年〕1982
〔危機遺産登録年〕2016
クーリナの古代遺跡
〔種類〕文化遺産
〔世界遺産登録年〕1982
〔危機遺産登録年〕2016
タドラット・アカクスのロック・アート遺跡群
〔種類〕文化遺産
〔世界遺産登録年〕1985
〔危機遺産登録年〕2016
ガダーミス〔ガダメス〕の旧市街
〔種類〕文化遺産
〔世界遺産登録年〕1986
〔危機遺産登録年〕2016
《ヨーロッパ》
【イギリス】
リバプール―海商都市
〔種類〕文化遺産
〔世界遺産登録年〕2004
〔危機遺産登録年〕2012
【ウズベキスタン】
シャフリサブス歴史地区
〔種類〕文化遺産
〔世界遺産登録年〕2000
〔危機遺産登録年〕2016
【オーストリア】
ウィーン歴史地区
〔種類〕文化遺産
〔世界遺産登録年〕2001
〔危機遺産登録年〕2017
【セルビア】
コソボの中世建造物群
〔種類〕文化遺産
〔世界遺産登録年〕2004、2006
〔危機遺産登録年〕2006
《北・中央アメリカ》
【アメリカ合衆国】
エバーグレーズ国立公園
〔種類〕自然遺産
〔世界遺産登録年〕1979
〔危機遺産登録年〕1993~2007、2010
【パナマ】
パナマのカリブ海沿岸の要塞群:ポルトベロとサン・ロレンソ
〔種類〕文化遺産
〔世界遺産登録年〕1980
〔危機遺産登録年〕2012
【ベリーズ】
ベリーズのバリア・リーフ保護区
〔種類〕自然遺産
〔世界遺産登録年〕1996
〔危機遺産登録年〕2009
【ホンジュラス】
リオ・プラタノ生物圏保存地域
〔種類〕自然遺産
〔世界遺産登録年〕1982
〔危機遺産登録年〕1996~2007、2011
《南アメリカ》
【チリ】
ハンバーストーンとサンタ・ラウラ硝石工場群
〔種類〕文化遺産
〔世界遺産登録年〕2005
〔危機遺産登録年〕2005
【ベネズエラ】
コロとその港
〔種類〕文化遺産
〔世界遺産登録年〕1993
〔危機遺産登録年〕2005
【ペルー】
チャンチャン遺跡地帯
〔種類〕文化遺産
〔世界遺産登録年〕1986
〔危機遺産登録年〕1986
【ボリビア】
ポトシ市街
〔種類〕文化遺産
〔世界遺産登録年〕1987
〔危機遺産登録年〕2014
《オセアニア》
【ソロモン諸島】
東レンネル
〔種類〕自然遺産
〔世界遺産登録年〕1998
〔危機遺産登録年〕2013
【ミクロネシア連邦】
ナン・マドール:東ミクロネシアの儀式の中心地
〔種類〕文化遺産
〔世界遺産登録年〕2016
〔危機遺産登録年〕2016

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ギャンブル等依存症対策基本法

競馬やパチンコなどのギャンブル依存症への対策を進めるために、国や地方公共団体に対して、依存症の予防・啓発や、患者、家族へのケア、支援に関する計画の策定などを義務付ける国の法律。自民党と公明党、日本維新...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

危機遺産の関連情報