コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

危機遺産 キキイサン

3件 の用語解説(危機遺産の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

きき‐いさん〔‐ヰサン〕【危機遺産】

《「危機にさらされている世界遺産」の通称》世界遺産のうち、自然災害や紛争、開発、密猟などによって価値を損なう恐れのあるもの。ユネスコ危機遺産リストに登録され、資金援助や国際協力などを受けることができる。危機を脱したと判断されればリストから削除される。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

危機遺産

武力紛争、災害、都市の乱開発などで「重大かつ特別な危久がおよんでいると世界遺産委員会から判定された遺産。登録されたのちに、管理体制が改善されない場合には世界遺産からの抹消もある。現在34件が登録されている。

(2006-04-21 朝日新聞 朝刊 広島1 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ききいさん【危機遺産】

世界遺産保護条約に基づいて世界遺産リストに登録された物件のうち、自然災害・武力紛争・開発などにより重大な危機にさらされ、緊急の救済措置が必要とされるもの。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

危機遺産の関連キーワードティパサ文化遺産シミエン国立公園危殆に瀕する複合遺産自然遺産バルデス半島世界遺産登録消滅の危機にさらされている言語『ロボット』

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

危機遺産の関連情報