埋没(読み)まいぼつ

精選版 日本国語大辞典「埋没」の解説

まい‐ぼつ【埋没】

〘名〙
① うずもれて見えなくなること。また、うずめかくすこと。比喩的に、ある状態にひたりきってそこから出ないでいること。
※太平記(14C後)八「二三十町が間には、捨たる物具地に満て、馬蹄の塵に没す」
※三四郎(1908)〈夏目漱石〉六「自己の講義のうちに全然埋没してゐる」 〔温庭筠‐過陳琳墓詩〕
② 世に知られないでいること。また、用しないままになること。
※丱余集(1409頃)下・答玄祚知客所問「非唯埋没自己。即翻屈辱先宗」 〔南史‐郭祖深伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「埋没」の解説

まい‐ぼつ【埋没】

[名](スル)
うずもれて見えなくなること。「地すべりで民家が埋没する」
世の人に知られないこと。「野に埋没している逸材」
没頭して他を顧みないこと。「研究に埋没する」
[類語]埋める塞ぐまるうずまるもれるうずもれるうずめる埋め立てる埋め込むけるけ込む埋設埋蔵敷設

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「埋没」の解説

【埋没】まいぼつ

埋もれる。宋・欧陽脩氏(舜欽)文集は金玉なり。せられて糞土に埋沒するも、(せうしよく)することはず。~其の埋沒して未だ出でずと雖も、其の氣光怪、已に能く自ら發見(はつげん)して、物も亦た(おほ)ふこと能はざるなり。

字通「埋」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android