コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

埋没 マイボツ

デジタル大辞泉の解説

まい‐ぼつ【埋没】

[名](スル)
うずもれて見えなくなること。「地すべりで民家が埋没する」
世の人に知られないこと。「野に埋没している逸材」
没頭して他を顧みないこと。「研究に埋没する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

まいぼつ【埋没】

( 名 ) スル
うずもれて見えなくなること。 「噴火で-した町」
世にうずもれて人に知られないこと。 「世間に-した偉才」
(比喩的に)あることに浸りきっていること。 「日々の生活に-している」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

埋没の関連キーワード鹿児島県鹿児島市桜島横山町青森県つがる市木造出来島青森県下北郡東通村猿ケ森島根県大田市三瓶町多根鹿児島県鹿児島市黒神町アナダイアジェネシスハーネルの深度法則エオジェネティック富山県魚津市釈迦堂サンク・コストボスコレアーレ水溶性天然ガス氷河性鍋状陥没ケイ(珪)化木テロジェネシスエイシーの式埋没変成作用エルコラーノ特約地震保険サンクコスト

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

埋没の関連情報