レリー(読み)れりー(英語表記)Jean de Léry

  • 1536ころ―1613ころ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フランスの旅行家。カルバン派の牧師。ブルゴーニュに生まれる。カルバンに派遣され、コリニー大提督Gaspard de Coligny(1519―1572)の計画によるブラジル植民に参加する(1556~1558)。彼の『ブラジル航海記』(1578)は、観察と記述の正確さと人間的省察とで当時の航海記のなかでも群を抜き、とくに文化人類学者レビ・ストロースから民族誌文学の傑作と評される。帰国後、宗教戦争下のフランスで宗教活動に従事し、聖バルテルミーの大虐殺(1572)後の『サンセール包囲戦の記録』Histoire mémorable du Siège de Sancerre(1574)を残している。

[髙橋由美子 2018年1月19日]

『二宮敬訳『ブラジル旅行記』(『大航海時代叢書第Ⅱ期20 フランスとアメリカ大陸(2)』所収・1987・岩波書店)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

レリーの関連情報