コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

省察 ショウサツ

5件 の用語解説(省察の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

しょう‐さつ〔シヤウ‐〕【省察】

[名](スル)せいさつ(省察)

せい‐さつ【省察】

[名](スル)自分自身をかえりみて、そのよしあしを考えること。「自らの言動を省察する」

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

省察
せいさつ
Meditationes de prima philosophia

デカルトの形而上(けいじじょう)学の主著。1641年刊。本文とそれに対するアルノー、ホッブズ、ガッサンディなどの反論とデカルトの答弁からなる。デカルトは絶対確実な真理を求めて、まず、すべてを疑う(方法的懐疑)。ついで、疑いつつある私自身の存在を、けっして疑いえない真理としてたてる(「われ思う、故にわれ在り(コギト・エルゴ・スム)」)。この第一の真理から出発し、神の存在証明を介して、物(身)心二元論の確立に向かう。[香川知晶]
『所雄章他訳『デカルト著作集2』(1973・白水社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

省察の関連情報