コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

省察 ショウサツ

5件 の用語解説(省察の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

しょう‐さつ〔シヤウ‐〕【省察】

[名](スル)せいさつ(省察)

せい‐さつ【省察】

[名](スル)自分自身をかえりみて、そのよしあしを考えること。「自らの言動を省察する」

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

しょうさつ【省察】

( 名 ) スル

せいさつ【省察】

( 名 ) スル
自らかえりみて考えること。しょうさつ。 「煩悶して見たり-して見たり/雁 鷗外

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

省察
せいさつ
Meditationes de prima philosophia

デカルトの形而上(けいじじょう)学の主著。1641年刊。本文とそれに対するアルノー、ホッブズ、ガッサンディなどの反論とデカルトの答弁からなる。デカルトは絶対確実な真理を求めて、まず、すべてを疑う(方法的懐疑)。ついで、疑いつつある私自身の存在を、けっして疑いえない真理としてたてる(「われ思う、故にわれ在り(コギト・エルゴ・スム)」)。この第一の真理から出発し、神の存在証明を介して、物(身)心二元論の確立に向かう。[香川知晶]
『所雄章他訳『デカルト著作集2』(1973・白水社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

省察の関連キーワード内に省みて疚しからず顧みて他を言う省みる自照自薦自得自分自身反省自ら身を以て

今日のキーワード

パラリンピック

障害者スポーツ最高峰の大会。国際パラリンピック委員会(IPC : International Paralympic Committee)が主催している。もう1つのオリンピックという意味を表すparal...

続きを読む

コトバンク for iPhone

省察の関連情報