岩波書店(読み)いわなみしょてん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

岩波書店
いわなみしょてん

日本有数の出版社。 1913年8月,教職を退いた岩波茂雄が東京神田神保町に古本屋を開業し,翌 14年,夏目漱石の『こころ』を出版して出版業に転進。岩波が東京大学哲学科 (選科) 卒業だった関係で,最初は哲学書を多く出版した。大正期には,いわゆる大正教養主義の旗手の役割を果した。 27年「岩波文庫」を創刊。 32年「日本資本主義発達史講座」の刊行を開始し,いわゆる講座派のマルクス主義学者を結集した。 38年,「岩波新書」を創刊。 46年月刊誌『世界』を創刊。同社の代表的出版物『広辞苑』は日本を代表する辞典となっている。最近では書籍以外の電子出版物にも意欲的で,広辞苑 CD-ROM版なども出している。資本金 9000万円,従業員数 300名 (1995) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

岩波書店の関連情報