岩波書店(読み)いわなみしょてん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「岩波書店」の解説

岩波書店
いわなみしょてん

出版社。1913年8月,教職を退いた岩波茂雄が東京神田神保町に古本屋を開業し, 1914年,夏目漱石の『こゝろ』を出版して出版業に転進岩波が東京大学哲学科(選科)卒業だった関係で,最初は哲学書を多く出版した。大正期には,いわゆる大正教養主義の旗手の役割を果たした。1927年「岩波文庫」を創刊。1932年「日本資本主義発達史講座」の刊行を開始し,いわゆる講座派のマルクス主義学者を結集した(→日本資本主義論争)。1938年「岩波新書」を創刊。1946年月刊誌『世界』を創刊。1949年株式会社に改組。同社の代表的出版物『広辞苑』は日本を代表する辞典となっている。書籍以外の電子出版物にも意欲的に取り組んでいる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

常任理事国

国連安全保障理事会の構成国(15か国)のうち、中国(1971年中華人民共和国が中華民国にかわり代表権を獲得)、フランス、ロシア(1991年ロシア連邦がソビエト社会主義共和国連邦の地位を継承)、イギリス...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android