コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

レーベルク レーベルクRehberg, August Wilhelm

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

レーベルク
Rehberg, August Wilhelm

[生]1752.1.13. ハノーバー
[没]1836.8.10. ゲッティンゲン
ドイツの政治評論家。ゲッティンゲン大学で医学と国家学を修めた。 1792年以来ハノーバー選帝侯の枢密文書庁に勤め,政治評論に活躍。イギリス憲法を理想とする立場からフランス革命を批判。またイギリスのジェントリーに模してドイツの貴族社会を近代化すべきことを説き,19世紀初期の保守主義や歴史学派法学に影響を与えた。主著『フランス革命の研究』 Untersuchungen über die französische Revolution (1793) ,『ドイツ貴族について』 Über den deutschen Adel (1803) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

レーベルクの関連キーワードゲッティンゲンフィエートル法典論争

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android