コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タウングー朝 タウングーちょう

大辞林 第三版の解説

タウングーちょう【タウングー朝】

ビルマ(現ミャンマー)の王朝(1531~1752)。一六世紀半ば、ビルマ族とモン族の融合政策によりビルマ統一に成功。のちモン族の離反により滅亡。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

百科事典マイペディアの解説

タウングー朝【タウングーちょう】

ビルマ(現ミャンマー)の王朝(1531年―1752年存続)。トゥングー朝とも。パガン朝の崩壊後,下ビルマタウングーToungooに逃げたビルマ族は,シャン族のアバ朝,モン族のペグー朝と抗争し,16世紀前半にダビンシュウェティー王が出てビルマを再統一した。
→関連項目ミャンマー

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

タウングーちょう【タウングー朝 Toungoo】

1531年ダビンシュウェティーによって創建され,51年バインナウンによって基礎が固められたビルマ(現ミャンマー)の王朝。1531‐1752年。トゥングー朝ともいう。バインナウンの子ナンダバインの死(1599)でいったん瓦解したが,その弟ニャウンヤンおよびその子アナウペッルンによって1605年に再建され,1752年にモン軍の手で倒されるまで続いた。13世紀末のパガン朝の滅亡とシャン系王朝の出現とによって南方への民族移動を起こしたビルマ族は,シッタウン川上流のタウングーに城砦を構築したものの,14世紀にはまだシャン族アバ朝に従属していた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

タウングー朝
タウングーちょう
Toungu

ビルマの王朝 (1531~1752) 。 13世紀末から 16世紀初めにかけて,ビルマはアバ,タウングー,ペグーの3国に分裂していた。 16世紀に入り,徐々に勢力を得ていったタウングーは,領主ミンチニョーの統治のもとでビルマ第1の強国に成長。ミンチニョーの子タビンシュエティー (在位 1531~50) は,モン族ペグー朝を併合した連合王朝を樹立し,国都をペグーに定めた。 16世紀中頃タイ,アラカンへ遠征したが失敗し,国内は乱れ王はモン族に暗殺された。ビルマは分裂の危機に立ちいたったが,第3代バインナウン王は再統一に成功し,南はペグー,北はアバ,東はチエンマイラオスへ遠征した。 17世紀に入ると内政ではビルマ語法典を編纂,納税台帳を作成し,外政では西欧諸国との衝突を避けるため都を北方のアバへ移した。しかし 17世紀後半に中国の清朝軍,タイのナーラーイ王軍の侵入,モン族の内乱が続き,同世紀末にはイギリスフランスが沿岸地方に船舶修理所を建設するにいたった。内憂外患をかかえた王朝は 1752年モン族に滅ぼされた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

タウングー朝
たうんぐーちょう
Taungoo

ビルマの王朝(1486~1599)。下ビルマ、シッタン川の上流部に位置するタウングーは、14世紀後半から上ビルマでの戦禍を避けた流民を吸収しつつ勢力を蓄え、ミンチィーニョーMyingyinyo(在位1486~1531)のとき王朝を開いた。次王ダビンシュエティーThabinshweihti(在位1531~50)は、下ビルマのモン人やポルトガル人勢力を服属させ、都をペグー(現バゴー)に移した。その義弟バインナウン王Bayinnaung(在位1551~81)は、1555年アバ朝を滅ぼして上ビルマ、シャン丘陵一帯を手中に収め、アユタヤやラオスのビエンチャンをも攻略、制圧した。しかし王室の直轄地はデルタ地帯に限られ、他のビルマ諸地方にはバイン(王)の称号をもつ親王・王子を派遣し、シャン丘陵その他は従来どおり土侯の支配にゆだね、貢納のみを課した。したがって、周辺地方はつねに離反する傾向にあり、たび重なる遠征はデルタ地方の物的・人的資源を枯渇させ、ナンダバイン王Nandabayin(在位1581~99)のときに王朝は崩壊した。[伊東利勝]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のタウングー朝の言及

【ダビンシュウェティー】より

…タウングー朝ビルマの実質的創建者。在位1531‐50年。…

【ミャンマー】より

…16世紀中ごろ,ダビンシュウェティーバインナウンといった傑出した指導者の出現とともに,ビルマ族は史上2度目の国土統一を達成する。タウングー朝ビルマはチエンマイ,アユタヤ,ビエンチャンといったタイ族諸王国を攻略して強大な王国に成長したものの,相次ぐ遠征に伴う絶えざる兵士の徴発,農地の荒廃,国力の衰退といった悪循環を引き起こした。17世紀から18世紀にかけて,西方のマニプル,北方の清などのたび重なる侵犯やチエンマイの離反,新興勢力グウェの勃興などによって衰弱したタウングー朝は,1752年南方のモン族の手で倒された。…

※「タウングー朝」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

タウングー朝の関連キーワードパラケルススタウングー朝中御門宣秀細川高国アグリコラ(Georgius Agricola)タウングー朝タウングー朝和田峠(長野県)宗教改革史(年表)国広

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

タウングー朝の関連情報