コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ロアールアトランティク県 ロアールアトランティクLoire-Atlantique

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ロアールアトランティク〔県〕
ロアールアトランティク
Loire-Atlantique

フランス西部,ペイドラロアール地域 (レジオン) の県。ブルターニュ地方南部にあたり,ロアール川河口部を含み大西洋に面する県。県都ナント。全県アルモリカ地塊に属し,ゆるやかな起伏の丘陵地と単調な台地とから成るが,ロアール川北岸には小構造山地があり,ロアール川との間に低湿地帯を形成,西部のグランドブリエールの広大な湿地帯に連なる。ロアール川はナントの上流部で嵌入し,美しい景観を呈している。農業はコムギと家畜飼料用作物を産するが,ロアール川の南側ではブドウ畑が多く,特にナント地方のミュスカデのワインは有名。工業はロアール川河口付近に集中。ナントとサンナゼールを中心として造船が盛ん。その他鉄鋼,機械,化学工業なども行われる。また特にナント地区はビスケット,砂糖,チョコレートなどの食品工業でも知られる。大西洋沿岸にはピリアックシュルメール,ラテュルバル,ルクロアジックなどの漁港があり,イワシ漁が盛ん。ラボール,ポルニックには海水浴場がある。面積 6815km2。人口 105万 2183 (1990) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ロアールアトランティク県の関連キーワードシャトーブリアンサン・ナゼールサン・ナゼールドゥミ

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android