コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

なんと ナント

デジタル大辞泉の解説

なんと[副助]

[副助]《副助詞「など」に格助詞「と」が付いた「などと」の音変化》引用文を受けて、おおよそのところを示す。
「『あたいが馬になってやろう』―いうこともあったが」〈中勘助銀の匙

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

なんと

( 副助 )
〔副助詞「など」に格助詞「と」が付いた「などと」の転。話し言葉でのくだけた言い方に用いられる〕
体言、または体言に準ずるもの、引用文などに接続する。とがめる気持ちを込めて、事柄を例示するのに用いられる。 「ばかやろ-言ってはいけません」 「早く行け-言ったって知るものか」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

なんとの関連キーワード竹本咲太夫(2代)竹本咲太夫(初代)富山県南砺市中ノ江春宵一刻値千金何とはなしに何とか彼とかどうにかしてどうかこうか如何かこうか奈良七大寺ちょっぽり垂んとする此れやこのあなにやし勝負尽く言葉なし如何でもどうやら何とやら御所落雁

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

なんとの関連情報