コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ロイジス Roidis, Emmanouil

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ロイジス
Roidis, Emmanouil

[生]1835.7.28. シロス島
[没]1904.1.8. アテネ
ギリシアの評論家,作家。ジェノバ,ベルリンで教育を受け,シャトーブリアンなどの翻訳者として文壇に登場。教皇ヨハネス8世が女性であったという中世の伝説に基づいた小説『女教皇ヨアナ』I Papissa Ioanna (1866) で有名になったが,あまりにも皮肉な描き方のため聖職者たちの怒りを買った。そのほか『シロス島出身の夫の心理』 Psychologia syrianou syzygou (94) ,『ミリア』I Milia (95) などの短編集がある。文芸評論家としては民衆語運動を擁護した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ロイジスの関連キーワードバルザックポー(Edgar Allan Poe)フランツゴーゴリ都市自治体法シャノアーヌズーフトムソンビーダーブラント

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android