コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ロイジス Roidis, Emmanouil

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ロイジス
Roidis, Emmanouil

[生]1835.7.28. シロス島
[没]1904.1.8. アテネ
ギリシアの評論家,作家。ジェノバ,ベルリンで教育を受け,シャトーブリアンなどの翻訳者として文壇に登場。教皇ヨハネス8世が女性であったという中世の伝説に基づいた小説『女教皇ヨアナ』I Papissa Ioanna (1866) で有名になったが,あまりにも皮肉な描き方のため聖職者たちの怒りを買った。そのほか『シロス島出身の夫の心理』 Psychologia syrianou syzygou (94) ,『ミリア』I Milia (95) などの短編集がある。文芸評論家としては民衆語運動を擁護した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ロイジスの関連キーワードバルザックポー(Edgar Allan Poe)フランツシャノアーヌズーフトムソンビーダーブラントライマンラ=ファージ

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android