コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ロイジス ロイジスRoidis, Emmanouil

1件 の用語解説(ロイジスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ロイジス
ロイジス
Roidis, Emmanouil

[生]1835.7.28. シロス島
[没]1904.1.8. アテネ
ギリシアの評論家,作家。ジェノバベルリンで教育を受け,シャトーブリアンなどの翻訳者として文壇に登場。教皇ヨハネス8世が女性であったという中世の伝説に基づいた小説『女教皇ヨアナ』I Papissa Ioanna (1866) で有名になったが,あまりにも皮肉な描き方のため聖職者たちの怒りを買った。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ロイジスの関連キーワードフランツ田能村竹田ドゥーフ斑糲岩グツコーフランツ地質の日助産所旧岡崎邸土方歳三と宇都宮

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone